数ある格安SIMの中からワイモバイルを選ぶメリットとは?

calendar

ワイモバイルには実店舗がある!

格安SIMと聞くと「よくわからない」というイメージが先行すると思います。確かに、自店舗のない格安SIM業者もあり、利用する電波さえもわからないということもあります。しかし、日本国内では必ず大手3社であるdocomo・au・softbankの電波を利用している為、実際にはどのSIMを選んでも電波で悩むことはありません。

格安SIMを提供している業者の中でもワイモバイルを選ぶメリットとしては実店舗を持っていること、都市部において最も高速なsoftbankの電波を利用している点が挙げられます。また、実店舗を保有している為、サービス内容の説明から修理・故障の受付まで一ヶ所で引き受けることが可能であり、大手3社と同じようなサービスを受けることが可能です。ちなみに、電波帯で言えば都市部であればどの業者よりも高速で繋がりやすいというsoftbankの特徴がそのまま反映されている為、都市部で利用するのであれば困ることはないでしょう。

家族割が超お得!

携帯電話の割引サービスはどこの会社も行っていますが、特にワイモバイルの割引サービスは家族単位でかなりの節約に繋がるほどのメリットがあります。特に、主回線を1台契約することで副回線となるスマホには基本使用料に500円の割引が入り、ガラケーでは無料となっています。ガラケーのケータイプラン1381円が無料になるというのは、かなりのメリットです。小さいお子様がいるご家庭やスマホまでは必要ないが携帯電話は持っていたいというご家庭には打ってつけのサービスです。その為、家族で乗り換えれば、大手3社との料金差は月でも数万円以上の違いになるケースもあり得なくはありません。

10分間カケホーダイの魅力 !

話したら話しただけ料金が上乗せされるプランを選べる会社もありますが、現在は5分間や10分間の無料通話時間を決めている会社とある一定の料金を支払えばいくらでも話せる話放題のブランがスマホ所持者の主流なプランになっています。

しかし、10分間の会話を何回でも繰り返せる会社は多くはありません。ワイモバイルもそうですが、分数限定の通話し放題は、電波を間借りしている格安SIMの業者に多くなっています。そしてワイモバイルのメリットとしては、10分の無料通話時間を保持していることが挙げられます。もちろん、その人の利用の仕方によっては5分でも大丈夫ですが、通話時間の長さを気にするのであれば10分間の無料時間をサービス内容として提供している会社と契約をしましょう。

まとめ

ワイモバイルは格安SIMの中でも、より大勢の人が使用しやすい環境にあります。また、その料金から見れば大手の業者に端末以外でのメリットを見出すことが難しくなるでしょう。しかし、携帯電話は生活の一部を支えるものでもあり、有効な通信手段でもあります。その為、自分のニーズと最も合致する携帯会社と契約することを心がけましょう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す