契約前に知っておきたいワイモバイルの3つのデメリット!

calendar

reload

契約前に知っておきたいワイモバイルの3つのデメリット!

月々の通信料や本体代を安く済ませたいと思っている方は、家族でワイモバイルに移行させ節約をしたいという方が増えています。

大手キャリアから移行させ、しかも家族全員でとなるとこれまでよりも相当お得な料金にもなり、初期投資についても本体代が安く設定されていますので節約することができます。

確かに初期投資も毎月の支払いもキャリアと比べると安くなり家計の節約にもなりそうなワイモバイルですが、ぜひ契約前に知っておいていただきたいデメリットがありますよ。

このデメリットのあらわれ方次第では実はそれほど節約にならない、または不便だと感じることがあるかもしれません。

目の前の安さだけでなく、デメリットについても納得した上でワイモバイルとの契約に踏み込んでくださいね。

ワイモバイルはキャリアのように縛りがある

格安スマホを扱っている事業所としては珍しくワイモバイルにはキャリアと同じように契約に縛りがあります。

2年縛りや3年縛りといったものがあり、キャリアでスマホをお持ちの方はご存知でしょうが、縛りの期間内に解約などをすると違約金としてお金を支払わなければなりません。

ワイモバイル以外の格安スマホを扱っている事業所には縛りがありませんので、「格安スマホには縛りが全てない」と勘違いをしていると、契約をする際に驚いてしまいますよ。

一番の格安ではない!

ワイモバイルはCMも多くしていますし、街中にも店舗を設けていることでとても知名度のある事業所ですね。

大々的に宣伝している内容はとても魅力的なプランばかりですが、格安スマホを扱う事業所の中で一番安いのは残念ながらワイモバイルではありません。

実店舗を置いていない事業所などと同じ内容のプランを比較してみると1000円ほどではありますがワイモバイルよりも安いところがあるのです。

通信速度が遅く感じる人が多数

通信速度については自宅や職場などに設置しているWi-Fiを利用している人はそうデメリットとして感じないかもしれませんが、格安スマホの事業所の電波を使用する際には通信速度が遅く感じる人が続出しているのです。

これは、キャリアよりも限られている電波帯域であることが原因です。

その中でたくさんの人が同時に電波を使おうとすると、速度が落ちてしまいますよね。

昼間や就寝前などの時間帯にはヤキモキしてしまうかもしれません。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す