夫婦の家計見直しは通信費から!ワイモバイルでスマホ代を節約しよう

calendar

reload

夫婦の家計見直しは通信費から!ワイモバイルでスマホ代を節約しよう

家計の為に通信費を考えよう

家計的に、何かしらのコスト削減をしたいと思ったときに殆どの人は通信から手を付けるでしょう。家族5人全員がスマホを所持し、それが全て大手3社との契約である場合、1ヶ月の料金ですら家族全体では3万円を超える請求も珍しくありません。また、最近では大手3社の横並びの料金を受けて、格安SIMも増えてきており、その評価が見直されています。例えば、コストを考えるのであれば、ワイモバイルやUQモバイルのサービス料金大手3社より安価であり、電波状況もワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauのものを使用している為、品質的な問題も少なくなっています。コストと格安SIM業者を考慮したうえでここでは、ワイモバイルと大手との料金差について考えていきます。

ワイモバイルと大手キャリアとの価格差

携帯事業者大手3社では料金に細かい違いはありますが、ほぼ横並びの料金であり、「アプリをたまに楽しむ程度で、通話とメールのみを利用出来ればいい」と思っている方でも、単身者では最低でも6500円前後とかなり割高な契約を結ばなくては利用出来ません。また、家族でもそれぞれが同じキャリアの携帯電話を使用していなければ、パケット通信量を分け合うシェアパックも利用できません。

対してワイモバイルの料金体系は、S・M・Lのバケット容量から選ぶのみであり、最低料金からすると1980円で契約することが出来ます。例えばですが、大手3社で契約したスマホ2台で2万円近くの利用金が掛かっている上にアプリの課金もせず、通話時間も長くなく、動画などを楽しみたいだけであればYモバイルのお得でしょう。固定回線を引いたうえでWiFi機器を買いそろえてもお釣りがくるほどの料金差があり、年間に換算すると月に2万円であれば年間24万円、対して月に4000~5000円前後であれば年間でも6万円もかかりません。また、人数が多ければ多いほどこの料金差は広がっていきます。

通信費に見合うメリットがあるのか考えよう

現在の携帯電話のシェアで言えば、格安SIM業者はあっても数パーセント程度であり、大手3社であるdocomo・au・ソフトバンクとは、ユーザー数が異なります。しかし、コストや使い勝手で言えば、必ずしも大手3社を選ぶ必要はなく、ユーザーのニーズに沿ったサービスをより選びやすい状況に変化しつつあります。その為、現在自分が利用しているサービスや料金を見直し、自分に本当に必要なサービスを考え直してみましょう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す