ワイモバイルの契約には2年縛りがあるから注意!

calendar

reload

ワイモバイルの契約には2年縛りがあるから注意!

ワイモバイルはソフトバンク系列の格安スマホキャリアです。

実店舗があって、お店のスタッフに相談したり実際にスマホを触ってから申し込むことができるのが特徴です。

料金も格安スマホと名のつく通り、とてもリーズナブルな価格になっています。

2年縛り契約に注意

ワイモバイルの料金は確かに安いんですが、2年縛りの条件がつきます。

2年縛りとは、契約期間が2年間設定されており、定められた契約更新月以外に解約すると違約金がかかってしまうもいうものです。

ワイモバイルから他のキャリアへ変更されてしまうのを抑えるためのユーザーにとってはあまり優しくないシステムですね。

ドコモやソフトバンクといった大手キャリアも同じようなシステムになっています。

解約時にはいくらかかるの?

解約時にかかるお金は、大きく分けて違約金と手数料のふたつがあります。

違約金は、契約更新月以外の解約で9,500円かかります。対象となるプランは「スマホプランS/M/L」と「データプランL」です。

せっかくの格安スマホで毎月の料金は安いのに、解約時に一万円近く払うことになっては勿体無いですよね!

次に手数料です。

ワイモバイルを解約して、他のキャリアに移る場合、番号ポータビリティー制度(MNP)を使う方が多いと思います。

番号ポータビリティー制度を使うと、これまで使っていた電話番号を引き継ぐことができます。

ワイモバイルではMNP転出手数料が新規契約月からの期間によって変化します。

6ヶ月以内に他のキャリアに転出した場合は、6,000円かかり、それ以降は3,000円かかります。

ワイモバイルを使ってみて納得がいかなかったら?

違約金や転出手数料が高いと、ワイモバイルを使い始めて思ったよりも通信速度が出なかったり、サポートなどのサービスに満足がいかず「キャリアを変更したい!」となったときに高いお金がかかってしまいます。

ワイモバイルに変更して6ヶ月以内だと、違約金と転出手数料だけで15,500円もかかってしまいます!

契約内容や、大手キャリアとの違いをよく理解した上で申し込みをしましょう。

違約金がかからないキャリアは?

ワイモバイルは違約金がかかりますが、格安スマホの中にはかからないキャリアもあります。

例えば、マイネオですね。

マイネオは料金こそ最安ではないんですが、サポートが充実していたり、違約金がかからなかったりと、格安スマホ初心者にとってオススメのキャリアになっています。

まとめ

ワイモバイルの解約時の料金についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

ワイモバイルは格安料金の代わりに2年契約になってしまう点に注意しなければいけません。

格安スマホを初めて使うのであれば、違約金がかからないマイネオを試してみたり、格安スマホのメリット・デメリットをよく理解した上でワイモバイルを契約することが重要ですよ!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す